株式会社 桑原組 - 感謝の気持ちを未来へ。 -



DONATION 寄贈・地域貢献活動

あかこんバス寄贈

2016年12月
近江八幡市に市民バス「あかこんバス」を寄贈しました。

12人乗りの小型のあかこんバスは、既存のバス路線が近くにない地域や住宅地の中の狭い道路も通るので、
近江八幡市民にとって身近で便利な交通手段になっており、平成20年度の運用開始から延べ70万人が利用しています。

当社から寄贈したパスはまちづくりの会社として町並みをイメージした外装にしてあります。

街を走る新しいあかこんバスを探してみてください。

「あかこんバス」

藤樹の里あどがわ花いっぱい運動

「藤樹の里あどがわ花いっぱい運動」は町歴史文化ゾーンに面する国道161号高島バイパスを花でいっぱいにして四季を彩り、中江藤樹先生ゆかりの藤樹書院、中江藤樹記念館、陽明園や図書館そして「あどがわ土曜朝市」を訪れる人々、また国道を通行する人々の目を引き留め、散策したくなるような「藤樹の里あどがわ」を全国に発信しながら、ボランティアサポートプログラムに参加し、住民が主体となって草花の維持管理を行うなかで、近年希薄になりがちな住民相互のコミュニケーションを深めながら、ゴミのポイ捨てができない美しい心和む道路環境を作っていくため実施団体である藤樹の里あどがわ花いっぱい運動推進協議会が平成13年3月に設立されました。
参加団体は、32団体で、桑原組はこの趣旨に賛同し積極的な自主活動を実施しています。

藤樹の里あどがわ花いっぱい運動

災害時応急救援活動応援協定
災害時建設事業継続力認定

桑原組は、滋賀県建設業協会を通じ、近畿地方整備局・滋賀県・大津市及び高島市において災害時における応急救援活動への応援に関する協定書に基づき、公共土木建築施設の応急復旧、人命救助および応急仮設住宅の建設・被災住宅の応急修理等に、土木資機材労力等を活用する協力要請があった場合、所有する土木資機材労力等を提供し、災害救援活動に協力します。

また、国土交通省近畿地方整備局が定める「災害時建設業事業継続力認定制度審査要領(BCP)」に適合しているとして認定を受けました。

歳末見舞活動の実施

平成4年より毎年年末に、「歳末見舞活動」として、高島市・大津市・長浜市の老人ホームなどの社会福祉施設に、車いすを寄贈させていただいております。

歳末見舞活動の実施
歳末見舞活動の実施
歳末見舞活動の実施
歳末見舞活動の実施

サッカーボール寄贈

地域の明日を担う小学生が心豊かにたくましく成長する一助とするため、創業50周年を記念して、県内各市町、福井県、岐阜県の一部市町に合計1,300個のサッカーボールを寄贈しました。

サッカーボール寄贈

レスキューキット寄贈

2014年創業55周年に際し、近年及び災害等、復旧工事に従事し緊急用の災害救助工具セットの必要性を痛切に感じ、関係団体55か所に寄贈しました。

レスキューキット寄贈

工事現場見学

工事現場付近の住民の方に当該建設事業の必要性を知っていただくために、発注者とともに工事現場の見学会を実施しています。

工事現場見学

障がい者雇用

障害者が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送ることができるよう、障害者雇用対策を進めています。障がい者の実雇用率は県平均(2.03%)より高く4.0%となっています。また、高齢者スポーツや障がい者スポーツ支援も積極的に行っており、滋賀県代表選手や、パラ・トライアスロンでは世界のトップランキングの選手も元気に働いています。

障がい者雇用

HOME > CSR > 寄贈・地域貢献活動

お気軽にお問い合わせください

0740-32-2345 平日8時~17時(日曜・祝祭日は休み)

メールでのお問い合わせ

ページトップへ